猫の餌は年齢や体の大きさによっても合うものを選ぼう

猫の餌は年齢や体の大きさによっても合うものを選ぼう

猫の餌は年齢や体の大きさによっても合うものを選ぼう

子猫と成猫の餌の違い

人間も子どもと大人では食事が違うのと同じように猫も年齢によって与える餌を変える必要があります。子猫用のキャットフードは主に生後4か月から1歳になる頃に与えます。大人になるまでに急速に体が大きくなるので、身体をサポートするために豊富な栄養素と高カロリーそして密度の高い必須アミノ酸が計算されて含まれています。そのため、体がこれ以上成長しない大人に与えると肥満のもとになってしまいます。

逆に大人用のキャットフードは成長に必要な成分が薄いため、絶対に与えてはいけないわけではありませんが、なるべく年齢に合ったキャットフードを与えることが必要です。

 

体重や体質によるキャットフードの違い

去勢や避妊をすると肥満になりやすい体質になる場合があります。そのため、去勢手術や避妊手術をした後は専用のキャットフードを与える必要があります。また、肥満傾向のある猫には肥満専用のキャットフードを与えることも必要です。普通の餌を少なめに与えると生活に必要なエネルギーが足りなくなったりと支障をきたすことがあるため専用のキャットフードを与えるようにしましょう。

また、オスの場合は尿路結石になりやすいといわれているため、下部尿路結石に配慮したキャットフードを与えることで病気を予防することにつながります。